〒120-0044 東京都足立区千住緑町2-10-5 お問い合わせ 電話:03-3881-0857

メールでのお問い合わせ

鈴木内科胃腸科クリニック、足立区、千住緑町、内科、消化器内科、胃腸科、内視鏡、経鼻内視鏡、大腸内視鏡

内視鏡検査

求人案内

ドクターズファイル 当院のドクターが ドクターズファイルに 紹介されました。

足立区ドクターズ

携帯サイトが
ご覧頂けます。

HOME»  内視鏡検査

「内視鏡検査」の重要性

現在、がんによる死亡数は男性では胃癌が第2位、大腸癌が第3位、女性では大腸癌が第1位、胃癌が第3位を占めています。
最近ではピロリ菌の感染率の減少により胃癌は減少傾向にあると云われていますが、依然として多くの胃癌が認められているのが現実です。最近では内視鏡治療も進歩し、胃癌・大腸癌は早期発見・早期治療により治すことが可能です。
内視鏡検査にて病気が見つかった場合には生検を行い、病理検査にて確定診断を行います。内視鏡検査は苦しい・痛いなどのイメージで躊躇・敬遠されがちな検査です。
しかし、がんの早期発見のみならず、潰瘍やピロリ菌感染症、ポリープなどの発見にも内視鏡検査は有用で重要な検査です。当院では苦しさを軽減し[早く・確実に・安全に・楽に出来る検査]を行うための工夫を行っております。胃や腸の病気が気にかかる方は、お気軽にご相談ください。

「苦しくない内視鏡検査」のための工夫!!

内視鏡検査は、いままでは確かに多少なりとも辛さのある検査でした。
「苦しくない検査」のための要因の一つは術者の技量です。熟達した技量を有する医師の検査は安全・確実で時間も短く比較的苦しくなく行なえるでしょう。それに加えもう一つは経鼻内視鏡など機器の進歩によるところも大きな要因の一つです。当院では[早く・確実に・安全に・楽に]をモットーに内視鏡検査に取り組んでおります。

上部消化管内視鏡検査(胃内視鏡、胃カメラ)

経鼻内視鏡の導入

従来の経口(口から挿入)内視鏡は舌根部に接触して挿入されるため、嘔吐反射が起こり、どうしても「おえっ」となることがあります。
「おえっ」となると更に体に力が入りまた「おえっ」となってしまい、余計に苦しさが増してしまうことが多くあります。経鼻内視鏡は鼻腔に麻酔をして、スコープを挿入していきます。舌根部に接触しないため嘔吐反射が軽減され、楽に検査を行うことが出来ます。診断能力に遜色はないと云われており、十分な観察能力も有しております。
ご自身で画像を見ながら、医師や看護師との会話も行うことも出来ます。当院では平成18年より導入し、多くの患者様よりご好評をいただいております。

鎮静について

苦しさを紛らわすために意識下鎮静法(鎮静剤を注射するなど)を行なう医療機関も少なくありません。「何もわからないうちに終わってしまって、全く苦しくなかった」と云うお話を耳にしますが、鎮静剤の副作用や回復までの時間、コストも考えなければなりません。当院では胃内視鏡においてはそこまでの必要性はないと考え、必要のない限り鎮静剤は使用いたしません。せっかくの機会です。ご自身で胃の中をのぞいてみませんか。

上部消化管内視鏡検査の受け方

大腸内視鏡検査

細径内視鏡の導入

大腸内視鏡検査はその挿入技術が学会の演題に上るほど、術者にとって難しい検査の一つです。その挿入過程において腸管がスコープ(内視鏡)により押され痛みが生じることがあります。細径内視鏡はその圧迫の圧を減らし疼痛を軽減することができます。

炭酸ガス送気装置について

大腸内視鏡検査では挿入時に視野の確保の目的で、観察時には空気を出し入れしながら病変を観察します。そのため検査中や検査終了後にお腹の張りが感じられます。しかし空気の変わりに炭酸ガスを用いることにより、吸収が早くなり、お腹の張りが軽減します。炭酸ガスによる全身への影響もないことが証明されています。

大腸内視鏡検査は痛みを伴う場合があります。
当院では点滴を行いながら、鎮静剤を使用し検査を行っております。

大腸内視鏡検査の受け方

内視鏡検査の予約について

内視鏡検査は予約制です。
来院時(診察時)に予約をお取り致します。電話予約も可能です。
上部消化管内視鏡検査は午前中、大腸内視鏡検査は月~木の午後2時~(大腸内視鏡検査は予定検査日の前に、一度診察に来院いただく必要があります。)

page top